岡崎市手のしびれ

頚椎症性神経根症と診断された 岡崎市48歳男性

病院で頚椎症性神経根症と診断されたようです。
両腕が痛みの為に上がらない、一般に五十肩のような症状です。
左手の小指辺りがシビレています。

 

肩まわりの筋緊張をとってから肩関節を調整しました。
腕を上げてみてもらうと、腕が上がります。

 

痛みも殆ど無くなっています。
「あれっ、痛くない、腕が上がる!」と
不思議がっておられました。

 

今まで、痛くて腕が上がらなかったのに
簡単に腕が動かせるようようになると驚く方が多いですが
痛みの原因がなくなればよくあることです。

 

しびれの方は首の検査では反応しませんでした。
となれば腕があやしい。

 

小指は尺骨神経という神経が支配しています。
尺骨神経の圧迫を検査をすると反応が出ましたね。

 

圧迫しているあたりの腕の筋緊張をとります。
これで小指のしびれは殆ど出なくなりました。

 

病院で頚椎症性神経根症と診断されたようですが
私は頚椎の調整はしていません。

 

腕の筋肉の緊張をとっただけです。
でも、小指のシビレは改善しました。

 

このようなことは、当院ではよくあります。
病院で頚椎ヘルニアと診断されても頚椎の調整ではなく
肩から腕にかけて調整をしたらシビレがとれてしまうことが・・・・・

 

ヘルニアがあってもシビレの原因がヘルニアとは限りません。
どこが原因なのか、しっかりと検査をすることが大切です。

 

※施術の効果には個人差があり効果を保証するものではありません。


施術の流れ 施術の内容 お客様の声 料金の案内 場所の案内 整体院の選び方 よくある質問 スタッフの紹介 症状別案内