岡崎市腰痛

腰痛で病院の検査を受けるが異状なし 岡崎市40歳男性

この方は腰痛で整形外科で検査を受けたが
異常なしという結果でした。

 

腰痛などの痛みがあってもレントゲンやMRIなどには
何も異常はなかったというのは、よくある話です。

 

というか殆どが異常なしではないでしょうか。
写真に写る腰痛は少ないのです。

 

ヘルニア、脊柱管狭窄症など病気があれば写るでしょうが
殆どが写真には写らないけど痛みがあるというのが現状ではないでしょうか。

 

当院で腰痛の検査をしてみると
腰の部分の筋肉の緊張もあるが骨のズレもありました。

 

どちらが痛みの原因かは、まだわかりません。
最初に腰の筋緊張をとっていきます。

 

ベッドから立ってもらって痛みの変化をみてもらいます。
後ろに反らすのと斜め後ろに反らすと痛みが出ます。

 

最初の検査の時と痛みの変化は少ないようです。
次に腰の骨格矯正をして変化をみます。

 

後ろに反らした時の腰の中央部分の痛みはなくなりましたが
斜め後ろに倒した時の左右の痛みがあります。

 

腰の筋肉の筋緊張をとって、腰の骨のズレも調整しても痛みが出ます。
さて、なぜなんでしょうか?

 

こういう場合は腹筋の筋緊張を疑います。
腹筋は体の後ろ側、腰の筋肉のそばまであります。

 

つまり腰の筋肉と腹筋はとなりどうしなんです。
腰の筋肉か腹筋の痛みなのかは区別がつきにくいのです。

 

ここで腰の筋肉のそばから体の横部分まで
腹筋の筋緊張をとっていきます。

 

もう一度、立ってもらって体を斜め後ろに倒すと
痛みが出なくなりました。

 

この方の場合は、腰の筋肉より腹筋の痛みが強かったようです。
痛みの原因がわかれば痛みをとるのは難しくありません。

 

※施術の効果には個人差があり効果を保証するものではありません。