岡崎市坐骨神経痛

2週間前より坐骨神経痛で殿部の痛み 岡崎市32歳男性

2週間前に仕事で中腰の作業をしてから
腰痛になったため来院されました。

 

腰の痛みを検査をしてみると
左側の殿部に痛みが出ます。

 

一般的にいう腰の部分ではなく
殿部にある梨状筋の痛みのようです。

 

この梨状筋は坐骨神経痛の原因になる場所です。

 

仕事やスポーツなどで疲労から梨状筋に筋緊張が起きると
殿部から太ももの裏にかけて痛みやシビレが出ることがあります。

 

いわゆる坐骨神経痛の症状ですね
酷くなると足の裏まで痛くなり歩行困難になる方もみえます。

 

この方の場合は、そこまで酷くはありません。
殿部に痛みが出てから、それほど経っていないので
痛みが出ていますが、足にシビレは出ていません。

 

施術は体全体の筋肉をほぐしてから、筋緊張をとっていきます。
特に殿部の筋緊張をしっかりととりました。

 

施術前の検査では前屈をすると殿部に痛みがありましたが
施術後に前屈をしてもらうと痛みは消えています。

 

痛みが出てから日にちがあまり経っていないので
改善も簡単にできたのだと思います。

 

坐骨神経痛になってから何年も経っていると
改善も簡単にはいかないことも多いです。

 

何事も早めの処置をおすすめします。

 

※施術の効果には個人差があり効果を保証するものではありません。