岡崎市ギックリ腰

ギックリ腰は注射を打てば治るのか?

ギックリ腰になって「病院で注射を打ってもらったら一発で治った」
「歩いて帰ってこれたよ」という話を聞いたことがあります。

 

注射を打つとギックリ腰は、すぐに治るのでしょうか?
結論から言いますと治りません。

 

注射を打ってすぐに歩けたのなら、恐らく痛み止めでしょう。
ギックリ腰は痛みがある部分で急性の炎症が起きています。

 

炎症が一瞬で治るはずはないので痛み止めの薬で
痛みが麻痺しているのでしょう。

 

注射を打ってギックリ腰が治ったと勘違いしている方は
実はとても危険なのです。

 

本当は腰が痛くて動けないはずなのに痛くないから動いてしまう。
痛くないから大丈夫と普通に仕事をしてしまうかもしれません。

 

体の痛みは危険信号

 

痛みを感じるのは体から発せられる危険信号なんです。
痛みを感じなければ、火傷をしたり、切れて出血しても感じません。

 

腕を切り落としても、気が付かないかもしれませんね。
痛みを感じないのですから。

 

なので痛みは、けがや病気を知らせるための危険信号なんです。
ギックリ腰の場合は腰からの危険信号です。

 

それを痛み止めで麻痺させているだけなので
治ったと勘違いして平気で動くのは、体にすごく負担が掛かっているのです。

 

痛み止めは、痛みを分からなくしているだけで
決して治っていないという事を理解することが大切です。