岡崎市手根管症候群

手根管症候群

手根管症候群とは関節リュウマチ、手首の骨折
妊娠などが原因でなることもありますが

 

仕事で手の使い過ぎで手首あたりに負担が
掛かってなることが多いです。

 

女性に多い症状でドライバー、ハサミ、フライパンを
強く握るなど日常生活や仕事で
手を酷使する方はなりやすいです。

 

症状としては親指から薬指にかけて、手の平と指にシビレや痛みが出ます。

 

酷くなると親指の筋力低下で服の脱ぎ着でボタンをかけにくくなったり
何かを掴むのに力が入らず日常生活にも支障が出てきます。

 

見た目も筋力低下のため母指球筋(親指の付け根の手の平部分)が
やせて平らになってきます。

 

私も実際に酷い症状の方を見たことがありますが
親指の手の平部分がへこんでいるように見えました。

 

手根管というトンネルと検査

 

手の平の手首に近い部分に手根管というトンネルがあります。
手の骨と屈筋支帯(横手根管靭帯)で作られたトンネルの中を
指を動かす9本の腱と正中神経というものが通っています。

 

この手根管というトンネルで靭帯の緊張、腱の緊張や炎症
骨のズレなどが起きて正中神経を圧迫してしびれや痛み
筋力低下を起こしているのです。

 

手根管症候群の検査としては屈筋支帯の部分を
軽くたたいたりする(チャネル徴候)か、手首を深く曲げて(ファーレンテスト)
しびれや痛みが強くなれば陽性です。

 

病院での治療と手術

 

手の負担を減らすため、サポーターなどの手の固定をするための装具や
ビタミンB12や消炎鎮痛剤、ステロイド注射などの薬物治療を行います。

 

これらの治療の効果がなく痛みやしびれ、親指の筋肉がやせて
力が入らいなど重症の場合は手術という事になります。

 

手術は手の平の手首に近い部分を切開して
神経を圧迫している部分の屈筋支帯(横手根靭帯)を切るか骨を削る
という方法がとられます。

 

実際に手術を受ける予定の方に聞いた話ですが
手首に近い手の平部分をメスで切って、神経を圧迫している
肉や骨を削るという説明を受けたそうです。

 

整体ではどんな検査や施術をするのか

 

整体で手根管症候群の検査をする場合は
先ほど説明した検査をします。

 

手首の近い部分を軽くたたくか、手首を深く曲げて
指のしびれや痛みが強くなるかを調べる検査です。

 

それと手根管症候群の検査だけでなく、肩回りや
腕から手首までの間で他に神経の圧迫個所がないかも調べます。

 

病院で手根管症候群と診断されても
他に神経の圧迫個所がある可能性もあるからです。

 

手根管症候群は正中神経の圧迫が原因なのですから
圧迫から解放してやれば痛みやしびれはなくなります。

 

整体の施術では、靭帯や筋肉の緊張をとるか
ズレた骨を矯正して神経の圧迫から解放させます。

 

どんな方法をとろうが正中神経が圧迫から解放されれば
しびれや痛み、筋力低下のの症状は改善します。

 

手術を受けるのは最終手段にしてほしい

 

先ほど例に出した、親指の筋肉がへこんで見えた方は
一週間後に手術をする予定でしたが手術は受けませんでした。

 

整体の施術を受けたあと、上着を着るときに
「ボタンがかけられる!!」と驚いて喜んでおられました?

 

最初、私は何を言っているのか、よく分かりませんでした。
後で分かったことですが

 

自分で服を着るときにボタンをかけられなくて
大変苦労していたと話してくれました。

 

それでボタンを自分でかけることが出来たので
喜んでいたそうです。

 

一回施術を受けただけで、しびれが、かなり少なくなって
ボタンもかけられるくらい、親指の力も入るようになりました。

 

すべての手根管症候群の方が、改善するといは言えませんが
整体で改善することが出来るのも事実です。

 

手術を受ける前に整体を受けてみませんか?
それで改善すれば、大変良いことだと思います。

 

痛い思いをして手術を受けるのは
その後でも、決して遅くないと思います。

手根管症候群|岡崎市の整体院カイロ向日葵記事一覧

右手のしびれと親指の力が入らず半年前に病院で手根管症候群と診断されたそうです。当院に来院されたとき、手を見せてもらうと親指の付け根の手の平部分の膨らんでいるところが平らというよりは、へこんでいるように見えました。人差し指と親指で輪を作ってもらい力を入れてもらいましたが私がひっぱると簡単に外れてしまいます。しびれだけでなく筋力低下もかなり進んでいるようです。一週間後に手術をする予定だといっていました...