腰痛

腰痛の原因は筋肉疲労と筋緊張

腰痛の原因には筋緊張や骨のズレがありますが
本当の腰痛の原因は筋肉疲労や筋緊張なんです。
関節のズレではありません。

 

どういう事か順に説明していきます。
まず、学校に置いてある人体の骨格模型を想像してください。
理科室のよくあるガイコツのことです。

 

あの骨格模型が勝手に動いたら変ですよね。
怪談話ではないですよ。

 

私たち人間の体には骨格模型とと同じうような骨があります。
あの骨は何で動くのでしょうか?

 

筋肉が動かしていて、骨が勝手には動くわけではありません。
関節がズレるのも骨が勝手に動くわけではないのです。

 

つまり骨がズレるのは筋肉のせいなんです。
ギックリ腰を例にあげて説明します。

 

何かの作業をして腰が辛くなったとします。
腰の筋肉疲労が限界にくると骨格を正しい位置に
固定しておくことが出来なくなり、急にズレることがあります。
これが骨がズレてギックリ腰になるパターンです。

 

今度はギックリ腰ではないが、慢性的な腰痛で
検査をしたら腰の骨のズレが原因で痛みがあったとします。

 

「やっぱり骨のズレが原因で腰痛になっているじゃないか」
と言われそうですが、ちょっと待ってくださいね。

 

この骨のズレや傾きは、筋肉の緊張が原因なんです。
筋肉が骨を引っ張ってズレや傾きを作っているんです。

 

骨格矯正だけでは腰痛は改善しない

 

カイロや整体では骨のズレを矯正しますが
ズレている腰の骨だけ矯正して施術を終了したら、どうなると思います。

 

骨のズレの原因の引っ張っている筋肉はそのままです。
筋緊張が残っていれば、また骨が引っ張られてズレてしまいますよね。

 

つまり、骨格矯正だけでなく筋緊張もとらなければいけないのです。
そうしないと、またすぐに腰痛になってしまうかもしれません。

 

骨格矯正も大切でが筋緊張をとることも、とっても大切です。
痛みを改善し長持ちさせるためには両方の施術が必要なんです。