岡崎市整体

症状について

自分の症状は病院、接骨院、整体
どこに行けばいいのかわからない。

 

病院と整体、手術と施術

 

ヘルニアと診断されても
シビレの原因ではないかもしれない・・・・・・

 

手術をしなくても改善するならどうします?

 

内臓の病気が原因で腰痛になることもあります。

 

自分の症状は整体に行って改善できるのか?

 

なぜ、何ヶ月も整体に通って改善しないのか?

 

整体は、どんな症状に適応できるのか
といった、お話をしていきます。

 

各症状別のページも参考にして下さい。

 

整体の適応症

 

最初に一般的な整体の適応症です。

 

 

慢性疲労、頭痛、首こり、肩こり、腱鞘炎、手のシビレ、手首の痛み、手指の痛み

 

胸郭出口症候群、手根管症候群、腕の痛み、肘の痛み、テニス肘、ゴルフ肘

 

肩こり、背中の痛み、腰痛、殿部の痛み、足のシビレ、坐骨神経痛、オスグッド

 

足のむくみ、足のだるさ、ひざの痛み、足首の痛み、足の甲や裏の痛み

 

 

それぞれの症状についての詳しい説明は、各症状のページを参考にして下さい。

 

 

病院、整体、どこに行けばいいのか?

 

西洋医学はアメリカ生まれ、カイロプラクティックもアメリカ生まれ。

 

100年以上も前に、医学は薬とメスを使って切ることで病気を治す。
カイロは手による技術で改善させる。

 

という二つの考え方に分かれて、医学もカイロも発展してきました。

 

つまり薬とメスを使って治すのか。

 

薬とメスを使わずに手技で改善させるのか
ここを考えればいいと思います。

 

整体の技術は、筋肉、骨、神経にアプローチして改善させますが
薬やメスは使えません。

 

病院では整体の手技の施術はできません。

 

しかし、どっちに行っても改善する症状があります。
ただ、やり方が違います。

 

例えば手根管症候群

 

病院では手首の辺りをメスで切り開いて
神経を圧迫していると思われる骨や肉を切りとります。

 

整体では、筋肉の緊張をとり骨のズレを矯正します。

 

どちらの方法でも改善するなら、あなたはどちらを選びますか。

 

ヘルニアはよく調べたほうがいい

 

MRIを撮りました。

 

ヘルニアと診断されました。

 

手術をすると言われました。

 

手術をしても痛みや痺れは治るという保障はどこにもありません。

 

どうしますか?

 

 

「ヘルニアと診断され手術をしたがシビレは治らなかった」ということを
聞いたことがあります。

 

なぜ、しびれの原因と思われるヘルニアを切除しても
シビレが治らなかったのでしょう。

 

それは、そこに原因がなかったかもしれません・・・・・・

 

 

腰にヘルニアのあった方が来院したときです。
病院でMRIを撮ってヘルニアと診断されたと言っていました。

 

足が痺れている原因がヘルニアと言われたということです。

 

でも検査すると腰よりも殿部があやしいと思い
先に殿部の筋緊張をとりました。

 

するとどうでしょう、シビレが殆ど消えました。
どういうことでしょうか・・・・・・

 

確かに腰にヘルニアがあるのも事実でしょう。
でも腰にヘルニアがあったら痛みも痺れも、すべてヘルニアのせいなのでしょうか?

 

例えば、クラスや職場に態度の悪い人がいて、事件が起きたら
何でもみんな、その人のせいにしておきますか。

 

本当にそこが原因なのか、よく調べることが必要です。
原因がそこになければ、例え手術をしても治りません。

 

検査はとても大切です。
この方、手術をしていたらどうなっていたんでしょう。

 

手がシビレていて首のヘルニアと診断された

 

手が痺れるので病院で検査をしてMRIを撮りました。

 

手のシビレは首のヘルニアが原因と言われたそうです。

 

もう想像がつくと思いますが、そうです。
この方も、シビレの原因が首のヘルニアではなかったんです。

 

首から腕にかけての筋緊張をとることで、シビレが殆どとれてしまいました。
ヘルニアではなく筋肉の圧迫によるシビレだったんですね。

 

 

手のシビレの原因になる神経の圧迫箇所はたくさんあります。

 

首から出た神経は、首の筋肉の斜角筋、鎖骨と肋骨の間
肩の近い部分にある小胸筋、腕の二頭筋、三頭筋、肘の辺りの回内筋、手根管

 

代表的な神経圧迫箇所だけでもこれだけあります。

 

すべての圧迫箇所に問題がないか調べてから、
どこにも問題がなければヘルニアが原因と考えてもいいと思います。

 

内臓が病気が原因の腰痛

 

腎臓や肝臓など腹部のが病気が原因で腰痛になることがあります。

 

病院で検査をしても異常なし、原因不明の腰痛
困ってしまいますね。

 

やっと検査でわかったときには手遅れ・・・・・・

 

私も何件かこのようなことを聞いたことあります。

 

 

当院にも腰痛でみえた方が、「ガンとかの病気じゃないかな」と
心配する方がいます。

 

ただ、整体すると分かることがあります。
内臓の病気で腰痛になっている方は、整体しても痛みが改善しません。

 

原因がそこにないからです。

 

先ほども言いましたが、原因でない部分に何をしても改善しません。

 

なので、腰の骨を矯正して、腰の筋肉を緩めても痛みは改善しないのです。
そういう場合は「病院で検査してください」と私は勧めています。

 

でも殆どの場合は腰痛が改善するので、「良かったですね」と言って
笑ってすんでしまいます。

 

整体すると病気かどうかの判断材料にもなります。

 

ただ注意しなければいけないことが

 

腰痛の改善する見込みがないのに、「通えば良くなりますよ」とか
金儲けのために、根拠のないこといって通わせる整体院もあります。

 

もしガンだとして手遅れになったらどうするんでしょう・・・・・・

 

こうなると整体院も信じられないですね。

 

数回通っても、改善しなければ治療院を変えた方がいいです。

 

では、どのぐらい通えばいいのか

 

私のところでは、肩こりや腰痛などでは
「一週間おきに、3回ぐらい続けて来て下さい」と言っています。

 

その後は月に一回とか、2ヶ月に一回などのメンテナンスをするといいと思います。
とはいっても実際は酷くなってから来る方が多いですが・・・・・・

 

症状や個人差もありますので、一概には言えませんが
こんなペースでいいと思います。

 

何ヶ月も通うのは要注意です

 

肩こりや腰痛で毎週のように何ヶ月も整体に通っている方がいます。

 

当院にはそんな方はいません、改善してしまうから当然ですが
改善しないのに通わせるには、私にはどうしたらいいのかわかりません。

 

それは当院では「3回通って改善しなかったら他の治療院に行った方がいいです」
いつも言っているので。

 

もし現在、毎週のように何ヶ月も通っていて、改善しないのなら
とっとと見切って他の治療院に変わった方がいいです。

 

特殊な場合を除いて3回通っても、肩こりや腰痛が改善しないのはおかしいです。

 

症状の原因に対して適切な施術をしていないか
改善させる技術がないのだと思います。

 

 

 

各症状について詳しいことは、症状別のページをご覧下さい。

 

現在、まだ症状が少ないですが、少しずつ増やしていきますので
もう、しばらくお待ちください。


施術の流れ 施術の内容 お客様の声 料金の案内 場所の案内 整体院の選び方 よくある質問 スタッフの紹介 症状別案内