岡崎市腱鞘炎

腱鞘炎について

腱鞘炎は手首、特に親指の付け根に多いようです。
痛みで何か物を持ったりすることが辛く
酷くなると手首を動かすだけでも痛みが出ます。

 

病院などに通っても治るのに日数がかかり
痛みがとれるまでに3ヶ月も掛かることも
少なくありません。

 

治るのに時間が掛かる腱鞘炎ですが
もっと早く治すことはできないのでしょうか?

 

実はあまり知られていないのですが
整体で早く改善させることができるのです。

 

向日葵では殆どの方が一回の施術を受けるだけで
その場で痛みが楽になるのを体験しています。

 

※施術の効果には個人差があり効果を保証するものではありません。

 

なぜ腱鞘炎になるのか?
予防や再発防止にはどうすればいいのか?
などと合わせてお話をします。

どうして腱鞘炎になるのか?

腱鞘炎になぜ、なるのでしょうか?
簡単にいえば使いすぎによる筋肉疲労です。

 

手首をよく使う仕事やスポーツなどで
腱鞘炎になる方が多いようですね。

 

手首を酷使することで筋肉に疲労が溜まります。
休ませれば疲労は自然に抜けていきますが

 

疲労に対して回復が間に合わなくなると
疲労が蓄積されていきます。

 

疲労が蓄積され慢性疲労となると
筋肉に緊張がついてしまいます。

 

このレベルになると肩こりや腰痛と同じで
マッサージなどで揉んでもコリが中々とれない状態です。

 

筋緊張がつくと今度は炎症が起きてしまい
腱鞘炎となってしまうという流れです。

腱鞘炎が中々治らないのはなぜ?どうすれば早く治る?

病院や接骨院に通ってマッサージ、ストレッチ、電気治療などを受けても
腱鞘炎が中々治らないのはなぜでしょう?

 

腱鞘炎は治るまでに時間が掛かることが多いようですが
なぜ時間が掛かるのでしょうか?
これには、ちゃんと理由があります。

 

その理由とは、親指の付け根の腱鞘炎の場合
親指から手首にかけての筋緊張が原因なのです。

 

筋緊張が炎症が治るのを妨げているのです。
この筋緊張、一旦ついてしまうと中々とれない。

 

筋緊張がとれないために、改善するまでに時間が掛かるのです。
逆にいえば筋緊張さえとれれば、早く改善します。

整体で腱鞘炎の改善できるのか?

上の記事で腱鞘炎の治るまでに時間が掛かるのは
筋緊張が原因というお話をしました。

 

この筋緊張さえとれば改善は早いので
当院では筋緊張をとる施術をしています。

 

一回施術を受ければ痛みの改善を
その場で体感できると思います。

 

軽い物であれば持てるようになったり
手首を動かしても明らかに痛みは楽になっている
といったような状態になっているでしょう。

 

という話をしても
「病院などに数ヶ月通っても治らなかったのに一回の施術で改善するなんて・・・」
と疑う気持ちもわかります。

 

でも、事実なんです!
ウソではなく本当の話しなんです。

 

どんな症状でもそうですが、今まで治らなかった方は
「そんなことあるか?」と簡単には信じられないと思います。

 

ただ、この話を信じて来院された方には
向日葵では症状の改善のために最善の努力を致します。

 

腱鞘炎の痛みから早く開放されてください。

腱鞘炎の予防と再発防止について

腱鞘炎は筋肉疲労による筋緊張が原因で炎症が起きたものです。
予防としては筋肉疲労を溜めないことです。

 

手首が疲れてきたなと思ったら、手首をクルクルと動かしたり
ストレッチをしたり暖めたりマッサージなどもいいでしょう。
とにかく疲労回復させて休ませることが大切です。

 

もう一つは手首の関節や筋肉を鍛えることです!
筋肉が強いとケガや炎症が起きにくいのです。

 

現在の仕事やスポーツで腱鞘炎になるのなら
症状の改善させるため職場を変わるか
スポーツを中止するなどを考えなければいけません。

 

でも職場も変えない、スポーツも続けたいと思うなら
疲労に負けない手首を作るしかありません。

 

筋肉をつけて強くするのは時間と労力がいりますが
何事も努力すると意外と人は成長しますよ!


施術の流れ 施術の内容 お客様の声 料金の案内 場所の案内 整体院の選び方 よくある質問 スタッフの紹介 症状別案内